2009年01月17日

論文の書き方のコツ

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

最近、論文執筆に追われて、けっこう大変なんですが、
ようやくコツみたいなものが見えてきた気がするので、
もしかしたら参考になるかもしれないので、書いておきます。

ちょっと今回は、いつもと違ってシリアス調です。


論文は、データと結論が一対一なら、構造的に書きやすいんですが、
多対多の関係になる事のほうが多いので、
そういう場合にどういう構造で書くか、かなり悩むと思います。
(この情報が錯綜してる状態が、少なくとも自分の頭の中での生の情報構造の姿に近いようです。)

これを論文という、線形な形に直すために、
結局、結果を凝縮した図表を作成して(できるだけ最終形態に近い形で)、
それを骨組みとして、それぞれの図表の補足説明をしてるような気分で書いて行くと、
そこそこ分かりやすく、多少の複雑性も残したものが書けるのではないかと。

でも、そのステージに至る前に、
同僚に自分の研究の結果とその意味を説明するためのメールを書くような気持ちで
(本当に書いてもいいのですが)、とりあえず構造もなにも考えずに
説明したい所から、説明のパーツを作って行くような感じで書いて行くと、
Writer's blockから抜け出せるような気がします。
(ある程度の量を書かないと、書くための脳が働きませんし。)

そして、その説明のパーツと、先に述べた図表をどのように
組み合わせたらいいかなと考えると(それがまた難しいのですが)
なにか構造への道筋が見えてくるような気がします。
(今回の自分の場合がそうだったという、ただそれだけの非統計的な根拠なのですが。)


以上です。


PS
最近、異常気象的に暖かいですが、
そのうち寒くなった時に調子を崩さぬよう、お気をつけ下さい。

来週の火曜日は、Obamaのinauguration。
どんなスピーチになるのでしょうか?
無事に終わるといいですが・・・。
posted by rio at 19:27| Comment(0) | Academic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。