2006年01月08日

教科書売り買い大作戦!!

先週からUCDの新学期も始まり、新たに教科書を探し求める学生で
UCD Bookstoreも混雑し始めてきました。
今回は学費+生活費を払うので精一杯な学生さんに
教科書費をできるだけ抑える方法を紹介してみたいと思います。


まず説明しておきたい事は、UCD Bookstoreは他の本屋と違い、
一定期間の間(大抵の場合学期が始まって1〜2週間くらい)、全額返金に応じてくれる事です。
(返還する場所は、ギャラリーでも紹介したMU近くのPCラボの南にある部屋です。)
このシステムを利用すると、後で説明する節約法が使いやすくなります。
注意するべき点は、新品の教科書を買った場合にしか適用されない事と
(USEDの場合は全額返って来ない場合もあり得ます。)
Shrink-wrapに包まれている教科書は、開封したら返還できない事です。
ですから、Dropする可能性のあるクラスの教科書は、
新品をちゃんと買って、Shrink-wrapは開けないようにしておきましょう。

後、教科書を買うときは、できるだけクレジットカードを使いましょう。
現金やチェックで買うと、返金されるの少しラグができるので。
そして返金してもらう時に、クレジットカードに払い戻してくれ、
(もちろんそのクレジットカードとレシートは持っていった上で)
とはっきり言わないと、Student Accountとかに返金されてしまい、
なかなか取り戻す事ができなくなってしまうので、ご注意を。

さて、この事を説明した上で、できるだけ安く教科書を買う方法を説明します。
まずやるべき事は、自分が取るクラスをできるだけ早く決める事と、
そのクラスで必要と言われてる本が、本当に必要なのかを確かめる事です。
どういう事かと言うと、Syllabusに書かれている教科書の中にも
Required textとRecommended textというのがあって、
recommended textの中には本当に「読みたい人は読めば」という感じで
ほとんど授業と関係のない本も混ざっているので、
その辺を教官に直接尋ねるなり
(経済的に大変なんだと言えば、親切に教えてくれる人も中にはいる)、
前にその教官から授業を取った人から聞くなり、
(どうやってそんな人を探すのかが問題ですが・・・)
自分の勘を働かせるなりして、見極めましょう。
(中にはRequired textがほとんど使われなかったり、
無くてもなんとかなったりするので、難しいですが。)

後、中にはSyllabusに書かれている本がShields LibraryのReserve
Shields 1階の右奥のコーナー)に置かれてる場合もあるので、
宿題の問題だけが見たい場合や、
参考図書がどんな本か(買う価値があるのか)
確かめたい場合はここを利用しましょう。

以上のプロセスを経て、絶対に買うべき本が決まったら
それらをできるだけ安く買える所を探します。
ローカルな場所とオンラインストアをうまく使い分けましょう。

まずはローカルな所から。

UCD BookstoreのUSED本。
新品の2〜3割引で売っています。
学期前から探すと、かなり状態のいいUSEDを見つける事ができます。
Off-campus Bookstore
3rd and Aのコーナーにあります。
USED本が主です。
UCD BookstoreのUSEDより1〜2割程安い場合があります。
ただし返金は一切してもらえませんので、
その辺のリスクは承知の上で買いましょう。
授業ではもう使われてない古いEditionの教科書は、
破格の安値で売られているので、内容だけ欲しい人はそれを買うのも手です。
(宿題のProblemはreserveの本や友達から借りたりして済ますと前提で。)
USED Bookstore(名前は知りません。)
U-MallのGotchalksの近くにあります。(今もあるのかな?)
利用した事はないのですが、あるのでとりあえず紹介しておきます。
Book Exchange
学期の始めにQuad内にテントが設置されます。
いらない本をそこに売るとクレジットになって、別の本が買える仕組みのようですが、
売ってる本の種類が少ないのと、あまり状態がよくないので、
奇麗な教科書が好きな自分はあまり利用した事がありません。
(利用経験者さんいらっしゃいましたら、経験談お願いします。)

ASUCD Virtual Market等の個人広告Listing
一番安く買えますが、新品の半額前後までしか値段が下がらない上、
状態を事前に確認できないので、少し冒険になります。
MUの南口近くの掲示板
ここにindex cardで教科書売買の広告が並んでます。
後は上と同じ。


次にオンライン
オンライン業者から買うメリットは
1)新品でも安い時がある。
2)消費税がかからない場合は、実質7.75%引きになる。
3)送料は無料の場合がある。
逆にデメリットは
1)送られてくるのに時間がかかる

このデメリットを軽減するために、
前述したUCD Bookstoreの返金システムを利用します。
オンライン業者とUCD Bookstore両方から購入して、
UCD Bookstoreの返還期限間際に返還するのです。
最近はBookstoreの返還猶予が短くなったので、
この作戦も使いにくくなったのですが、
必要箇所だけコピーをとる等すれば、今でも通用すると思います。
(著作権上微妙にグレーなものの、
結局、教科書は購入するので、それほど問題ないと思います。)

それで具体的なオンラインストアは大手しか知らないのですが、
それでも十分節約できると思うので、紹介しておきます。

1)Amazon.com
Washington州にあるので、CA住人には購入時は消費税がかかりません。
$25以上購入すれば、Ground shipping (7-14 business days)は送料無料です。
次に挙げるAmazon market placeと連携して本を探せるので、便利です。

2)Amazon Market Place
中小の中古書籍販売業者が軒を連ねています。
送料は無料ではないのですが、
それを補ってあまりある程の安値で売ってる場合があります。
消費税は業者によって違うので、業者の住所を確認しましょう。
普通のShippingだと時間がかかりすぎる場合があるので、
これだけはけちらずにExpedite shippingにしておいたほうがいいでしょう。
状態はけっこう良好です。"Like new"や”Almost new"等なら、
UCD BookstoreのUSEDより状態がかなりいい場合が多いです。
破損や書き込みなどがある場合は、その旨が書いてある場合がほとんどです。
あと、Editionはちゃんと確認してから買いましょう。
(他の業者でも同じですが。)

3)Barnes & Nobles (www.bn.com)
NY州にあるので、ここも消費税がかかりません。
送料もAmazonと似たようなポリシーです。
たまにAmazonよりも安く売ってる場合があるので、
一応チェックしておいた方がいいでしょう。
あとStudent Advantage (http://www.studentadvantage.com年会費 $20?)
の会員になっておくと、さらに5%引きになるので、
それに入って買うというのもありかもしれません。
(SAはAmtrakの15%引き等他にもいくつも特典があるので、
$20くらいは余裕で取り戻せると思います。)

他にもあるのかもしれませんが、(ebayとか)
自分が利用した事が無いので、ここでは省きます。
(もしもっと安く買える所の情報がありましたら、よろしくお願いします。)


さて最後に売る方法ですが、これはあまり選択肢は無いと思います。

1)UCD BookstoreにFinal期間中に売る。
Final期間中にUCD Bookstoreに売ると、最大定価の50%で買ってくれる時があります。
そういう本は、大抵需要の高い教科書に限られるのですが、
それでも手軽に比較的高価で売れるので、一つの手です。
ちなみにここで売る本はUCD Bookstoreで買ってなくても構いません。
一回Amazonとかで買った本を売りましたが、ノーチェックでした。
(良い場合は差額が数ドルとかもありえます。)

2)個人に売る
上述の広告媒体に広告を出して、個人に売ります。
値段の目安はUSEDの1割引くらいでしょうか。
状態さえ良ければ、この値段でも喜んで買ってくれる人が確実にいます。
毎学期行われてる授業の教科書の場合は、
しばらく手元において、またその授業が行われる学期の始まる少し前に
広告を出しておくと高確率で売れます。
(Editionが変わってしまうと売れませんが、その辺は賭けです。)

3)その他の本屋に売る。
ローカルの店は確実に買いたたかれます。
とにかく本を素早く売り払いたいときのオプションでしょう。
オンラインは利用した事無いのですが、
ローカルより少しましなくらいではないでしょうか?

4)Book Exchangeに売る。
利用した事が無いので、どんな物かは分りませんが、
あれだけ利用者が多いので、ただ読めればいいという人には向いてるかもしれません。


とりあえずこんなところでしょうか?
もっと上手い方法や、いい広告サイトがあるのかもしれませんが
最近は教科書を買う必要が無くなってしまったので、追求してません。
もし、これより上手い方法があったら、教えてくださいね。

上記の事をやるだけで学期毎に$100-200くらい浮かせられると思うので、
試す価値があると思う方は試してみてください。
では。
posted by rio at 11:24| Money | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。