2005年04月21日

Davisの住宅事情その1

この話はもう少し後回しにするつもりでしたけど、
必要になる人もいるようなので、少し前倒しで書いてみます。
とりあえず今日は一般的なDavisの住宅事情のダイジェスト版です。
(DormitoryやHome Stayの話はまた別の機会にさせてもらいます。)
ちょっと長いので気になる人はクリックして進んでください。

まずはどこで住宅の情報を探すかですが、
Davisの外から見れる情報としては、
ASUCDの提供しているhttp://chl.ucdavis.edu
SISS (Services for International Students and Scholars) のlistserv,
ucd.housingニュースグループ(googleやメーラーから参照可能)
などが挙げられ、とくにCHL(Community Housing Listing)が
一番有用な情報源になると思います。
上の情報源では空き部屋や空き家を貸したい人が広告を出しているので、
その人たちと直接交渉できるので、いいと思います。
(というよりDavisに貸アパートの不動産屋はありません。
あったとしてもあまり使われていないと思います。)
UCDのHousing Officeが提供するOn-campusの物件は
1年以上のwaiting listがあるので、最初に来るときは諦めた方がよいでしょう。

さて、戦略をたてる前にDavisのアパートの
需要/供給バランスについてお話しします。
Davisは年々拡大するUCDの学生数や職員数のため
慢性的な住宅不足に悩まされています。
その上、アパートの契約はなぜか1年単位の契約で、
9月の頭に始まり、8月で終わる物がほとんどです。(例外の方が少ないです。)
しかも、新規のアパートの契約は、
その契約の始まる前の2〜3月に集中して行われるので、
今から自分たちだけのための部屋を見つけるのはなかなか難しいです。
(シェアなら比較的簡単です。)
しかし、この状況は夏休みの始まる6月中旬から
契約の切れる8月末までは一転します。
学生の大半が夏休みはDavisを去り、
皆自分のアパートをサブリースしようとするとので、
家賃は普段の半額くらいにまで暴落しますし、
物件もよりどりみどりですので、完全に借り手市場です。

そこでおすすめの戦略は次のような物になります。
まずは夏だけの間の物件を上に挙げた情報源から見つけて確保してから来るか、
とにかくDavisに来て、安ホテル($50〜60)に1〜3泊くらいしてる間に
即夏住む場所を見つけるかします。
そしてそこを見つけてからじっくりと9月から住む部屋を探すのです。
この方法のいい所は、1年以上住む場所を現地に来て
実際に自分の目で見てじっくり確かめられる点にあります。
その上、慣れないうちはやはり直接あって交渉した方が安心ですからね。

サブリースの中には次の年のリースに延長する権利をオプションとして
含んでいる場合もあるので、サブリースの場所とハウスメートが気に入ったら、
そのままそこに住むこともできます。
また7〜8月になると、まだルームメートを探していない人が、
広告を一斉に出し始めますし、
また急に予定が変わってアパートのリースを1年丸ごと
変わって欲しいという人たちも出始めますので、
この時期は非常に部屋/家探しがしやすいのです。
逆に9月下旬以降になると、手に入る物件が一気に減少しますので、
一年間落ち着く所を見つけたい場合は夏にDavisに来ましょう。
(ものすごく暑いですけど、まあ大丈夫です。)

しかし、学生は6月中旬にある期末試験が終わるまでは
サブリースを開始しようとしませんし、
7月になる前にはDavisを出ようとするので、
その間の6月中〜下旬くらいにくるのがちょうどいいでしょう。
(7月前半でもなんとかなるとは思いますが。)

あと、家の貸し借りについてはしっかり契約書を読んで、
約束事は全部書面にしておたがいにサインして確かめ合いましょう。
口約束だけだと、Davisに着いたその日に
「ああ、ごめん。別の人が来てもっといい値段で借りてくれるって言うし、
なんか外国人に貸すのが不安だったからその人にもう貸してしまった。」
なんてありえなさそうなことが実際に起こります。
約束を守る人もDavisは結構多い方だと思いますけど、
守らない人の方が標準だと思っていた方が安全でしょう。

今日はとりあえずここまで。
次回はどういう物件や地域がいいのか、
ということについて、書いてみる予定です。
Davisに来る理由と並行して進めるつもりなので、
思ったようには進まないかもしれませんが、お待ちください。
posted by rio at 15:56| Comment(4) | TrackBack(0) | Housing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそくのご紹介をいただきありがとうございます。私もUCDから紹介されたいくつかのサイトを検索して家探しをしているのですが、概観写真や部屋見取図までついている物件が少なく、判断が難しいなぁ・・・と嘆いているところでした。自分の理想は、日本にいる間にいくつかの目ぼしい物件を見つけておいて、デービスを訪れた最初の日に実際に見てみて、そして契約!なのですが、やっぱり遠隔地での情報収集は想像以上に難しいですね。

いろいろリクエストして恐縮ですが、インターナショナルハウスやデービス内の滞在ホテル事情はどんな感じでしょうか?いまのままでいくと、最初の1、2週間はそのようなところに仮滞在して家探しをしなければならなくなりそうです。

いずれにしても、渡米まであと1ヶ月少し!初めてのアメリカ生活なので不安も多いですが、それと同時に楽しみでもあります。



Posted by hoo at 2005年04月22日 09:50
「あめりかblog 」はアメリカに関するブログをつなげる場として、アメリカの情報を得たい人のための検索の場として、幅広くご利用頂けることを目指しています。

登録は無料で下記のページから簡単に出来ます。
どうぞよろしくお願いします。

「あめりかblog 」に登録
http://americablog.ryugakushien.com/info/registration.html

「あめりかblog 」トップページ
http://americablog.ryugakushien.com/
Posted by あめりかblog at 2005年04月22日 10:34
7月にUCDに留学生として日本から来ました.このサイトはデービスの情報が最もわかりやすかく,参考にしています.こちらに来てから家探しをしたのですが,家主との個人交渉は,ハードルが高く,平日にアパートのOfficeに行って,空き物件を見てから決めました.但し,入居は9月からなので,それまでは,Davis Bed N Breakfast Inn(419 University Ave.)に月払い$600で住んでいます.キッチンが共同以外は,1 Bedroom(Bath付き)で生活に必要な物は揃っています.部屋数は10部屋程度です.この物件は,留学先の先生から教えて頂きました.参考にして頂けれは幸いです.今後とも宜しくお願いします.Naomasa
Posted by 浅香 直正 at 2005年07月29日 01:17
直正さん、こんにちわ。

さいきん、更新さぼりまくりですが、
やはり参考にしてくださってる方がいると知って励みになります。
(できるだけ住宅編は早く完結させないと。)
B&Bの情報ありがとうございます。
月$600ってけっこう安いですね。
(もしかして、朝食付きですか?)
週単位でも借りれるならかなりの人気になりそう・・・
でも、こういった情報本当に助かります。
そのうちまとめサイト作る時には
もうちょっと探しやすく掲載したいと思います。

それでは、また。

Posted by rio at 2005年07月30日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3081264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。