2005年08月28日

Davisの住宅事情その8 アパート 契約編 III (その他の料金)

うわ、気を抜くとあっという間に日々は過ぎてしまいますね。
8月中に終わらせるはずの住宅編なのに、もう残る所後3〜4日。
ラストスパートで切り上げて行きましょう。
(と言っても、もうすぐ引っ越しラッシュ期間なので、
こんな記事もう役に立たないかもしれませんが、一応今後のために書いておきます。)

では、前回の続きでその他の料金の所から。
主に支払う物は
First month rent
Last month rent
Other deposit (Pet deposit等)
でしょう。
First month rent、Last month rentというのはその名の通り、
最初の月(通常9月)と最後の月(通常8月)の家賃の事です。
これらで注意するのは、払う時期と自分が負担する金額です。
大抵のところは、アパートの部屋に入る日(9月初)に
一括して払わせています。
これが1bedや2bedならともかく4bedくらいになると、
$3000+のお金になるので、どのようにして払うかは重要です。
例えば、4人部屋なのに自分一人だけが部屋を契約していて、
9月までに誰もルームメートを見つけられないと、
その$3000以上のお金を自分一人で全部出さなくては行けない所もあります。
(というかその方が通常です。)
良心的なアパート(小さい所に多い?)なら、
ルームメートを見つけるまでは一人分の金額だけ払っておけばいいよ、
というところもあるみたいですが、
世の中そんなに甘くないので、
そこらへんは契約時にしっかり確認しておきましょう。
たまにFirst month rentを入居時ではなく契約時にとられる場合もあるみたいなので、
そこもしっかりチェックしておきましょう。

あとLast month rentでちょっと気をつけるべきなのは、
そのrentが適用されるのが、
次の8月なのか、契約の最終年の8月なのかということです。
後者の場合もけっこう多いので、しっかりチェックしておかないと
次の8月にLast month rentを目当てにしてお金を使いすぎたりして、
ちょっと困る事になるかもしれません。
あと、自分だけ先に契約から抜けたい場合等、
次に借りる人からLast month rentをもらわないと
自分にはアパートから返って来ないと言う
Security Depositと似たような状況も起こりうるので気をつけてください。

Other depositの中で特に多いのが、pet depositです。
Davisのアパートは一部猫を飼うのが許可されていて、
後、ごく少数のアパートでのみ犬を飼う事が許可されています。
(魚とかカゴの中の鳥とかならほとんどどこでもOKです。)
猫や犬を飼う場合には、通常のSecurity depositに加えて
$200-400くらいのdepositを支払います。
大抵の場合、Security depositと同じような扱いになると思いますが、
自分はペットをこちらで飼った事が無いため、
もしかしたら違うかもしれないので、契約の時に確認しておいてください。

最後にひとつ。
これは契約時に支払うものではないのですが、
Utilities(光熱費+その他公共料金)についての取り決めがあります。
Davisの大抵のアパートは水、お湯、ゴミ処理のお金は家賃に含まれているので、無料です。
それ以外のものは別途自分で手配して、自分で直接それぞれの会社に料金を支払う事になります。
電気とガスはPG&E、電話やDSLはSBC、ケーブルテレビはComcastがこの地域では対応しています。
それぞれの会社のCustomer serviceに電話して、
引っ越し先の住所と入居日を伝えれば、それまでに通してくれるので、
そんなに難しくはないとは思いますが、(DSLは入居後じゃないと無理だし、ちょっとややこしいかも)
電話に慣れてないと最初は戸惑うかもしれません。
(ルームメートがいれば、代わりにやってもらうという事も可。)
参考までにどれくらいかかるかというと、
電気・ガス代は一人当たり$20-50/月、電話は$15/月、DSLは$20/月くらいです。
(電話は回線が通ってないと、$50-80くらいの新規料金が取られると思います。)
CATVは詳しくは知らないんですが、$30-40くらいじゃないでしょうか?
(ちなみに携帯電話は安いプランだと月$30-40くらいです。
でも、携帯電話を手に入れるのもまた一苦労なので、これについては改めて。)

ちょっととりとめが無くなってしまったかもしれませんが、
これで、契約に関わるお金については終了です。
次回は、ルームメートについてです。
posted by rio at 20:00| Comment(11) | TrackBack(0) | Housing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。今年の秋学期からUCDに入学予定のloreleiと申します。
私(男)は高校2年生のときに親の転勤でベイエリアに引っ越してきました。自分の英語力の無さやDavisを知っている知人が少ないので分からないことばかりで、不安が8割、期待が2割で今からびくびくしている次第です。
質問などさせて頂くことがあるかも知れませんが、このBlogを参考に頑張りますので、これからよろしくお願いします。
Posted by lorelei at 2005年08月30日 09:52
loreleiさん、初めまして。

まずは、UCD入学おめでとうございます。
親の転勤とはいえ、高2で渡米するとはチャレンジャーですね。
自分も同じような感じで小6・中1とアメリカにいたんですが、
2年目が終わってようやく周りの人とのコミュニケーションが
拙くもある程度自然にできるようになってきたかなあ、と言った感じでした。
なので、英語力に関する不安は理解できるのですが、
それほど心配しなくてもいいと思いますよ。
専攻は何にするのかは分かりませんが、
理系科目ならば努力で乗り越えられると思います。
(外国人教授のアクセントには苦戦するとは思いますが。)
逆に文系なら(英語面で)相当の苦労を覚悟しておいた方がいいと思います。
(心配するなと言っておきながらなんですが。でも克服可能なレベルだとは思います。)

Freshmanなら、おそらく最初は寮生活でしょうから、
あまり生活環境の構築にそんなに気を使わないで済むので、
まずは授業のリズムに慣れることや、自分のやりたいことを探す事や、
同級生を含めていろいろな人と積極的に関わる事等に
集中するのもいいんではないでしょうか?

academic/private問わず、質問があったら気軽にメールなり、コメントなりしてください。
Housingの次はAcademicに行くので、それも期待しててね。
Posted by rio at 2005年08月31日 18:21
言い忘れてたけど、
もしCalifornian resident for tuition purposeに
なれるような法的手続きをご両親ができるようだったら、
検討してもらうように伝えてみるといいと思う。
4年間で、800万円くらいの差がつくと思うので、
弁護士に100〜200万円払ってでも、十分な見返りが得られると思う。
詳しい方法は知らないけど、自分の知り合いがそういう感じでresidentになったみたいだから、
まだそういう方法はあるかもしれない。
もし、もう手続きを済ませてたら弁護士費用どれくらいかかったのかとか、
詳細教えてくれると多くの人が助かると思いますので、よろしく。
Posted by rio at 2005年08月31日 18:43
素早いお返事どうもありがとうございます。
専攻はEnvironmental & Resourceです。ScienceでESLとしてLinguistics 22を最初のquarterで取ることになっています。SubjectA requirementをいつ満たすことが出来るようになるのやら…。
Californian resident for tuition purposeについて。現在私はL2 visaで滞米しているのですが、先々週Davisからの要請でビザのコピーとI-94,それに2004年度のtax reportを送付しました。恐らく現在non-Resident feeについて審査されていると思います。結果次第ではアドバイス通り親と相談して弁護士に相談することも視野に入れたいと思います。
一応参考までに書いておくと、私が渡米してきたのは11/29/2003で、親は2004のtaxをアメリカに納付しているのでDavisの定めるCalifornia Legal Residentの条件は満たしてると思います。
"Who is a Resident?
If you are an adult student (at least 18 years of age) you may establish residence for tuition purposes in California if :
中略
(3) you are a nonimmigrant who is not precluded from establishing a domicile in the U.S. Nonimmigrants who are not precluded from establishing a domicile in the U.S. include those who hold visas of the following types: A, E, G, H-1,H-4, I, K, L, O-1, O-3, or R.
To establish residence you must be physically present in California for more than one year and you must have come here with the intent to make California your home as opposed to coming to this state to go to school. Physical presence within the state solely for educational purposes does not constitute the establishment of California residence, regardless of the length of your stay."
Posted by lorelei at 2005年09月01日 14:35
上ので専攻がおかしいので訂正です。正しくはEnvironmental & Resource Scienceです。失礼しました。理系専攻ですが、どの程度の英語力が求められるかは検討がつきません。
Posted by lorelei at 2005年09月01日 14:45
 こんにちわ。Davisに今秋から留学するものです。このHPは本当に役立たせていただいています。
 パソコンに関して質問がありまして、向こうでは、wireless internetやdslが使えるアパートが多いと思うのですが、wireless internetというのは無線ランのことですよね?
 私は無線ラン内臓のパソコンを買おうか悩んでるのですが、もしアメリカで飛ばしている電波(周波数)が日本と違うと無線ランが内蔵されていても電波をキャッチできないのです。
 デービスの場合は日本の無線ランの受信機でも使えるか知りたいのでですが、よろしきお願いします。
Posted by ERI at 2005年09月02日 11:08
大丈夫ですよ。日本の無線LAN内臓型PCはIEE802.11bという規格に対応しているので、アメリカでホットスポットを提供している場所(UCD,スターバックス(有料)、etc)なら、ほとんど接続できると思います。
次のサイトを参考にしてください。
UC DavisでMOObilenet(Davisの無線LAN)が使える場所のリストが載っています。
http://daviswiki.org/MOObilenet

後、もし無線LANについてもっと深く知りたいのであれば、次のサイトを参考にしてください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wi-Fi#Wi-Fi
Posted by gogonoma at 2005年09月03日 15:52
gogonomaさん、返信ありがとうございます!!

すごく助かりました。
Posted by ERI at 2005年09月04日 23:21
>>loreleiさん
Tuitionに関してはもうかなり進めてたみたいで、逆にこっちが教えてもらいました。
Green Cardが必要なのかと思ってたら、L2 visaでもいけるみたいですね。
(ご両親がL Visa holderで無くなった時どうなるのかが、ちょっと気になりますが。)
Resident tuitionになると、大学生活を長めることができやすいので、
やりたい事探しの時間を増やせたり、一学期あたりの授業数を減らせたり、
学部研究やインターンシップもやる機会が増えたりと、
いろいろ有利に働いてくるので、ぜひとも手に入れてください。
(車を買ってもらえるというのも、かなり効いてくるかと。)

専攻はERSですか。
自分もUCDにApplyする時はカタログを睨めながら、
候補に入れてた専攻なので、なんか懐かしいです。
英語は理系なら最悪でも努力でなんとかなるくらいのきつさだと思います。
(特に1年のうちは楽だと思うので、その間に補強しておくのも手ですよ。)
理系と文系だと、読み書きする分量がページ数で言うと数倍〜10倍くらいの差があると思います。
(扱う情報量自体の差はそれほどは無いとは思いますが。)
文系の試験だと1時間の間に10ページ超の小論文とか書かされたりとか、
課題で5−10冊くらいの本を読んで、30ページくらいのペーパーを書かされたりとか、
要求されるレベルが半端じゃないみたいです。
(知り合いから聞いた話だけなので、実際は科目や教授によってだいぶ違うんでしょうけどね。)

Subject Aに関しては、自分の場合は、Linguistice22+23、WKLD57x2回と4Qかかりました。
LIN22から始めるなら早めの人でも3Qはかかると見ておいた方がいいと思います。
(単位にならないくせに、他の科目より時間を食うので、けっこう滅入ります。)
Subject Aの詳細についてはまた別の機会に。


>>ERIさん、

はじめまして。
返事遅れて、すいません。
(nomaさんが回答してくださったので、助かりました。ありがとう!>nomaさん)
キャンパスの無線LANはけっこう使いやすいみたいですけど、
アパートとかについてるのは、たった1回線をアパート全体で共有してたりするので、
あまり期待しない方がいいと思います。モデムくらいの速度で繋がれば、ラッキーみたいな。
寮ではなくて、アパートに住むなら自分のアパートに専用のDSLを引いた方がいいでしょう。
手順としては、SBCに連絡してまずは普通の電話回線を引く
>電話がきてからSBCに再び連絡してDSLサービスをactivateしてもらう
(DSLの信号は普通の電話回線状を通ってくるので、特別な工事は必要ありません。)
>Wireless router($40-50くらい?)を買って来て、DSLモデムの下につなぐ
こんな感じで自宅でも無線LANを手軽に構築できます。
ちょっとPCに詳しい人なら多分出来ると思うので、細かい事はルームメートや友達にでも聞いてみてください。
Posted by rio at 2005年09月05日 19:36
確かに親が帰国した際には私もビザの切り替えをしなければなりませんね。多分Fビザを取ることになるのだと思いますが、その場合はResidentではなくなってしまうでしょう。

それにしても文系は恐ろしいですね…私は日本にいた時から理系だったので、ある意味運が良かったのかもしれません。UCの文系を目指してる友達がいるので、このブログを紹介しておきます…

ESLを取っている間に最低限取らなければいけない単位(15units/quarter)を取り損ねて強制退学…などと恐ろしい不安に駆られてるので、SubjectAの記事、楽しみにしています。

それとFall Quarterの頭にESL Placement Exam.があるのですが、これは何のために行うのか分かりますか? これの結果によってLin 22に加えてESL関係のクラスを取らなければならなくなる、ということはあるのでしょうか?
Posted by lorelei at 2005年09月07日 16:48
15 units/quarterというのはExpected Progressのことで、
12学期で順調に180単位取りたいなら、
平均してこれだけとれなければいけないという目安で、
これを下回っても特に罰則はありません。
(卒業するまで長くかかるので、金はかかりますが。)

本当のMinimum Progressは13 units/quarterです。
LIN22/23でもWorkload57でもこのMinimum Progressに対してのUnitは加算されるので、
英語の他に2〜3個のクラスをとるだけでも大丈夫です。
(卒業に必要な単位に関しては、LINは加算されるけど、
Workloadは加算されなかったと思います。)
理系の典型的な1年生の科目は
数学+化学+英語+何か という感じです。
僕の場合は、MAT21+CHE2A+LIN22=13 unitsで様子見でしたが、
数学、化学が思ったより簡単だったので(というか日本の高校の復習?)
もう一科目入れても一学期目はなんとか行ける感じでした。
loreleiさんも数学とか得意なら大丈夫だと思います。
(自分は2学期目に5科目入れて沈没したので、4個ずつが良いと思います。)

ESL Placement Examは僕らのときはそれを受けて、
Lin22/23またはWorkload 57またはSubject A Passという振り分けをされたと思います。
半分以上が22、残のほとんどが23、数人が57、Passはいたかな?という感じの割合です。
がんばって23に入れると、一学期英作文の授業が減るので楽です。
(やってる内容もレベルも大して変わらないんですけどね。22も23も。)
というわけで、2個ESLを同時に取らないといけないということはないので、安心して。

Workload 57を2回目に受けた後のSubject A Examに落っこちてしまった場合でも、
その2回目のWorkload 57で書いたエッセーをまとめてポートフォリオとして、
その時の担当教官に提出して、それでPassをもらえれば、Subject AもPassになるので、
真面目にやってれば、Subject Aのせいで落第になるということは滅多に無いので、
あまり心配しすぎないように。(でも年に数人くらいはいるらしい。)

自分もこのこと最初から知ってたら、
英作文にかけた労力をもっと他の授業に注げたのになあ。
Posted by rio at 2005年09月07日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6324996

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。