2005年09月13日

Davisの住宅事情その9 ルームメート

ちょっと契約編から脱線してしまいますが、
アパートを借りる際、部屋の内容よりも重要になりうる
ルームメートについて、ちょっと言及しとこうと思います。

既にもうお伝えしたかもしれませんが、
Daivsのワンベッドルームの家賃相場は$800以上です。
(しかも年々$20-50くらいずつ上がっていきます。)
そのため金の無い学生にとって、
アパートをシェアするというのは経済的にほぼ不可避であり、
ルームメートを持つというのは当たり前のこととなっています。

(ちなみにルームメートという場合はベッドルームをシェアする相手、
ハウスメートという場合はベッドルームは別々だけど、
リビング、キッチンその他のアパートをシェアする相手、
というニュアンスで使い分けられる場合もあるのですが、
ここでは、面倒なので両方ともルームメートで統一します。)

とりあえず、今回はルームメートを選ぶ基準のような物を挙げていきたいと思います。
自分や知人の個人的体験による独断と偏見を含んだ意見なので、
(いつものことながら)参考程度に読んでください。

1)ちゃんと家賃を滞り無く払ってくれる人
当たり前のようですが、最重要かつ見落としがちな点です。
(どんなに人格者でも家賃払ってくれなければ、最悪のルームメートです。)
まさか〜、と思われるかもしれませんが、いるんですよ、Davisにも。
家賃は連帯責任の場合も多いので、その時はルームメートが払ってくれなければ、
残りのメンバーで払うか、全員強制退去ということにもなりかねません。
(良心的な所は、家賃滞納者だけ追い出して、代わりのルームメートを見つけるまでは、
その人の分の支払いを免除してくれる所もあるとは思いますが。)
自分はこういうのに3回当たりました。
その内2人は不定期な勤め人で、もう一人は家族からのサポート0の貧乏学生でした。
不定期な勤め人はlay-offされると家賃が払えなくなります。
そうすると代わりのルームメートを見つけてくれたりもしたんですが、
その連れて来た人があまりよくなくても、経済的に切羽詰まって承諾せざるを得なかったりします。
(まあ、契約には誰かに契約を肩代わりしてもらうためには同居人の承諾が
必要と書いてあるので、断る事もできたのですが、本人が貯金ほぼ0の無職なら仕方ないです・・・)
貧乏学生君には、「俺、もう金がなくなったから、来月から出て行くから代わりの人見つけてな。よろしく。」
とFinal weekの直前になって言われましたよ。
いくら文句言っても、金がない、親は大借金を抱えてる、兄弟とは連絡を取れないetc...
結局自分で代わりの人を見つけてくるしか無くなりました。Finalの真っ最中に・・・。(しかも卒業間際の超重要なやつ。)
教訓:ルームメートはちゃんと家賃払ってくれる、親サポートありのUCD学生にしよう。
(他の事は無視・放置で対応できなくもないけど、こればっかりは無視もできないので、最悪です。)

2)麻薬中毒者、精神異常者ではない人
ありえないようですが、これもいるんですよDavisにも。
とは言っても、そんなルームメートと一緒になってしまう事等、
まず滅多にありえないんですが、自分は一回ぶち当たりました。
最初はちょっとヒッピーな感じがするくらいの30前半の男で、
金はあまり無さそうに見えても、まあ他は普通ぽかったんですが、
2ヶ月くらいすると、精神病の薬を切らしたきたのか、
少しずつ頭のねじが緩んでいったみたいでした。
近くのヤンキーっぽいやつらを5〜6人勝手に家に連れて来て、草パーティーしてたりとか、
夜中の3時くらいに起きて、"Hello? How are you?"と大きな声で独り言を繰り返し叫んでみたり、
原因はなにか知らないけど、警官に追われて家に逃げ帰って、
「俺は実は元空軍所属で今はある秘密任務を負っているんだ。」
と言って、本物っぽいモデルガン見せたりとか、
壁中を緑のスプレーでまだらに染めてみたりとか、
壁にジャンプキックして大穴開けたりとか、
夜中に帰って来たら、リビングをありえないほど散らかして、
その真ん中で椅子に座りながら、自分の前髪をナイフで切ってたりとか・・・。
最後は警察呼んで、3日間精神病院に拘留させてる間に引っ越して逃げましたが、
今思うとよく無事に生きて逃げれたなぁ、と思うやつでした・・・。
ありえなさそうですが、完全にノンフィクションです。
ここまで極端なのは多分いないとは思いますが、
それっぽさそうな人は避けて、もしそういう人だと後で発覚したら、
友人や周りの人や大家に相談して、一刻も早く逃げましょう。


まあ、ここまでくらいが絶対的にさけるべき条件で、
後は人それぞれの価値観によると思いますが、いろいろ挙げてみます。
(ここからが普通のルームメートで見るべき点ですね・・・)

3)性別
女性と一緒の家に住んだ事もありますが、
向こうが気にしなければ、こっちも特に気にもなりません。
性別より他の条件の方がネックになると思います。(きれい好き度とか。)
(でも、女性は女性のルームメートのみにした方が安全なのは言うまでも無し。)

4)彼氏/彼女 友人の訪問頻度+密度
これはかなり重要です。
彼氏/彼女に毎晩のように来られると、さすがに参ります。
また友人のたまり場になったり、毎週末夜3時までのパーティとかやられるときついです。
でも、あまりにも交友が無くて、自分の友達をたまに呼んだ時に、
極端に嫌がられるのもちょっと気まずいです。
自分と同じくらいの感覚の持ち主を選ぶと、お互いに気持ちよく住めるでしょう。
(これは他の事にも言えます。)

5)喫煙
カリフォルニアは公共施設内あるいはドアに近い所では禁煙なんですが、それでもやはり喫煙者はいます。
しかも自宅はプライベートスペースなので、別に喫煙しても違法ではありません。
だから、もしルームメートがどうしても喫煙者なら必ず外で吸うように約束しておいたほうがいいです。
(信用ならなければ、契約書に書かせてもいいんですが、そこまでしてルームメートになる必要はないでしょう。)
逆に喫煙者は嫌われるので、非喫煙者とルームメートになるのはけっこう厳しいです。

6)音に対する許容度
一緒に住んでると音楽だけでなく、いろいろな音が気になりだします。
また自分も音を出すので相手に気を使います。
この辺の許容度が違うと非常にストレスが溜まるので、
妙に静かな部屋に住んでる人とか、
最大音量で音楽聞いてる人とかは警戒しましょう。

7)きれい好き度
上と同様です。
特にアメリカ人の奇麗さに対するスタンダードは
お世辞にも奇麗好きとは言えない自分もびっくりするくらいの低さですから、
(キッチンに洗い物1週間放置、バスルーム2〜3ヶ月放置とかは普通です。)
奇麗好きだと自分の事を少しでも思う人は、その辺よく注意しましょう。
(できることならプライベートバスルームを持つ事を勧めます。)

8)協調性
とっても大事です。
困っていても、こっちから言わないと分からない場合も多々あるので、
不満があったら最初はソフトに、改善しなければびしっと改善して欲しいという意向を述べましょう。

9)料理を作る頻度/食料の保存料
奇麗好き度ともかぶりますが、あまりに頻繁に作る人だとキッチンを好きな時に使えないので、多少不便です。
冷蔵庫の中もかなりのすし詰め状態になるので、自分が許容できそうか冷蔵庫の中も見せてもらいましょう。

10)ペット
犬・猫を飼ってる人もいます。
飼い主がちゃんと世話を見てれば、アレルギー出ない限り特に気にする必要はないと思いますが、
ルームメートを募集する場合には、一応考量しといた方がいいかもしれません。
(後、彼氏/彼女がアレルギー体質だと止めた方がいいかもしれない。)
でも、見てるとけっこう心がなごみます。特に猫。


この辺までが重要条件ですかね。
後は、

11)勉強への真剣度 自分と同じくらいだと楽です。
12)専攻 似てると助け合えるし、刺激になります。
また自分の興味あるの分野をやってる人だと面白いかも。
13)会話の相性 結構重要かもしれないけど、人により重要度は変わりますね。
ルームメートを友達にする必要は別にないですしね。
友達をルームメートにするのも、生活スタイルが合わなさそうなら
止めといた方が身のためです。
14)持ち物 車、テレビ、家具、その他。
いろいろ持ってる人でシェアしてくれる人だと、すごく楽になれます。
貧乏学生に取っては重要。
15)特技/知識 車とかPCの修理とか、いろいろ相談事に乗ってくれたりとか。
頼りになるルームメートは素晴らしいです。
16)学年/年齢 同じくらいの方が楽。あるいはちょっと年上。
年下は世話が焼ける確率が高いので、よく人を見る。

17)国籍

(これはあくまでも自分の抱いてるイメージです。)
比較的、一緒に住みやすいと思うのはやはりアジア系。
特に韓国、台湾、香港、タイの人は感覚が日本人と近いのか、
していいことと悪い事の基準が似ている気がする。
食べ物趣向も似てるのでシェアしやすい。
日本に興味(特にアニメとかドラマ)ある人もけっこういるので、
話題のとっかかりはつかみやすいかも。
言葉さえ気にしなければ、日本人でもいいと思う。
2人きりだとちょっと駄目かもしれないけど、
3人以上の時にもう一人日本人がいると、ちょっと落ち着くときもある。

中国本土やベトナムの人も住みやすいかもしれないけど、
微妙に上に上げた国の人と比べるとズレている。
でも、そんなに悪くはないと思う。

他のアジア人(インドとか)とは住んだ事が無いので、ちょっとイメージが湧かないです。
中東系の人も分かりません。

アジア系アメリカ人はピンキリなので、評価できません。
平均的には多人種よりおとなしめだとは思うけど。

ヨーロッパ系白人
アフリカ系黒人
二人きりだと文化の違いに戸惑うかもしれないけど、
平均的なアメリカ人よりは律義だと思うから、悪くないのでは?
大所帯の中だと楽しい。

他アメリカ人
これは本当に人次第。
話してみて、感覚が合わなさそうだったら止めといた方がいいと思う。
食文化はあまり共有できないというか、したくないというか。
あ、でも英会話の向上の効果はあるかな。大所帯か仲良しなら。
新入生なら寮で一年過ごせば、自分の適正がつかめると思う。


さて、この辺でルームメートについては終わりです。
日本ではなじみが薄いですが、
部屋も比較的広いし、干渉も少ないし、それほど大変ではありませんので、
お金を節約したい人はどんどんルームシェアしましょう。
(とは言ってもワンベッドルームはほとんど皆無なので、
したくなくてもしないといけないかもしれまんけどね。)
posted by rio at 04:06| Comment(6) | TrackBack(0) | Housing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

しかしタケェ。
私が居た当時は学校から離れていましたが$560でワンベットでした。確かに年に$40近く上がりましたからそれを考えると順当ですね。

今回は質問があります。UCDで卒業証書って発行されるのでしょうか?今回資格試験で必要なのですが、SITEを見る限りわかりませんでした。是非、入手方法を教えていただきたいです。できれば日本から入手するにはどうしたらよいのか教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Tetsuo
Posted by Tetsuo at 2005年09月21日 23:17
こんにちわTetsuoさん、

$500台であった時もありましたね・・・。

Letter of Certificationのことなら発行されますよ。
http://registrar.ucdavis.edu/html/office_of_the_registrar_forms.html
ここなどをご参考に。

ただ離れた場所から、しかも海外に届けることができるのかは不明ですので、
Office of Registrarに直接問い合わせた方が確かだと思います。
FAXでよければ、してくれるかもしれません。

他の卒業生の人はどうしてるんでしょうね?
Posted by rio at 2005年09月22日 13:12
rioさん。

早速のご返答ありがとうございます。
そうですよね、他の卒業生がどうやって書類を入手しているのか不思議です。在学時はOFFICEに行ったら作ってくれたのに、今ではUCDのSITEをうろうろしてもわからず困っていました。これから日本へ送ってくれるか問い合わせてみます。

ハワイも物価なんてうなぎのぼりのようです。日本も最近は持ち直してきて、上がりそうな傾向です。先日、DCへ学会参加で行って来ました。貧乏なのでユースホテルに泊まりましたが、やっぱりアメリカは落ち着きます。
Posted by Tetsuo at 2005年09月25日 21:52
rioさん。

連続ですみません。
質問のスレがあったのを気づきませんでした。すみません。

今、Office of Registrarにメールしてみました。後日に詳細を報告します。

このたびはありがとうございました。
Posted by Tetsuo at 2005年09月25日 22:09
こんにちは-
私は uc davisで 日本ごを べんきょうしてる がくせいです. (24さいの 女性, koreanです.)
いま, 日本人 女性 ルームメートを さがしていますけれども, あまりinformationもないし,日本ごもへたです.
たすけてください.

ルームは 2 bedroom, 2 bathroomの アパ―トの master bedroomです. (トイレを ―人でつかう)
せんたくきと ドライアもうちの中にはいってるし, つかやすいアパ―トです.

address : 2225 Glacier Dr. Davis CA 95616
(Glacier Point アパ―トです.)
deposit : $250
Rent : $640 / month

私の でんわ ばんごう: 530-863-0055
ありがとうございます.
Posted by evie at 2007年07月18日 05:41
evieさん、はじめまして

こうこくは、べつにいいんですが、
一つだけにしてくださいね。
おねがいします。

Posted by rio at 2007年07月21日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。