2005年10月08日

自転車ルール

掲示板の書き込み&コメント0の所を見ると、
皆さん忙しくなってしまったのでしょうか。
そういう自分も院生なのに、なぜか学期の始まりと共に
忙しくなってきたような気がします。
学生数が一気に増えてきて活気が出てきたから、
そう感じるのかもしれません。

新入生がたくさん来たため、自転車道が大変危険なことになってます。
Davisの自転車乗りには守らねばならないルールがいくつかあって、
それを守らないと違反切符(+罰金)を切られます。
特に年度の始まりは警察の取り締まりも厳しいので、特に注意を。
違反すると、修正箇所を見せたり、罰金を支払ったりするのに、
Woodlandまで行くはめになるので、時間的にも相当のロスになります。
違反金額もひとつあたり$80-200くらいと車の運転違反並みの金額なので、
ぜひとも違反は避けるようにしてください。(安全のためにも。)

1)Bike light
夜間はライトの点灯が義務づけられています。
自分のお勧めは白色LED系のライトです。
自分が見るための明かりにはあまりなりませんが、
相手から視認性は100mくらい先からでもばっちりです。
その上、電池が半永久的に保ちます。
Bike light自体は修正可能な違反なんですが、
これでつかまって他の違反と
併せられてしまうこともあるので、気をつけましょう。

2)Bike Circle
キャンパスのあちこちにあるbike Circleですが、
これは必ず反時計回りに回って、
既にbike circleに入ってる人を優先する必要があります。
近道しようとしたりするのを見つかると、違反切符を速攻で切られます。
でも、これ守らないと交通事故になるので、マジで守ってください・・・。

3)Stop Sign
車用のStop signですが、Davis内では
自転車は車の交通規則と同じ規則に基づいて走らないといけないため、
このStop signにも完全一時停止をする必要があります。
「完全」というのは停止して足を地面に着けば、十分だと思います。
これは警察がStop signの辺りで張っていることがあるので、
その時はしっかりと完全停止してる事をアピールする必要があります。
(普段は減速でほぼ停止くらいでも。)

4)Registration
Bike registrationをしてないのを見つかると違反です。
しかも修正が利かないので、後から入っても駄目です。
registrationはおそらく$10前後で2年間有効だったと思うので、
$100前後を払うよりはましだと考えて、しっかりレジストしておきましょう。
レジストはUCD Extention近くのTAPSやDowntownの自転車屋などでできます。

主な物はこんなところです。
ヘルメットは18歳以上は別にかぶらなくても構いません。
手信号は自分はしてますが、しなくても別になんとも言われません。

他人に迷惑をかけないためや自分の身を守るためなのはもちろんですが、
暇で暇で仕方が無いから自転車の違反検挙の多いUCD Policeからの
攻撃を避けるためにも十分気をつけてくださいね。

PS
明日bike auctionがあるらしいです。詳しくは
http://www.taps.ucdavis.edu/bicycle/general/auction.html
放置自転車の競売なので、修理が必要な物が多いのですが、
中にはそのまま使えるまともなのもあったりします。
いちおうプロのオークショナーを呼んで、本格的にやるので、
見に行くだけでも面白いかも。
Farmer's marketに飽きた方はぜひどうぞ。
posted by rio at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | UC Davis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。